中国の大都市上海に滞在する多くの日本人

日本と韓国は中国の近隣諸国であり、3カ国は古来より親密な交流を行ってきました。最近日本や韓国に旅行する中国人が増える一方で、もちろん多くの日本人と韓国人も中国を訪問しています。

今中国は、国際舞台の中で存在感を増しており、多くの外国人は中国の強さを感じています。急成長を続ける中国で仕事を希望している外国人も多く、深圳のような新たな都市には、多くのインド人も滞在してます。

日本人と韓国人も中国に滞在する人口は当然多いのですが、韓国人にとって一番の人気都市は北京で、定住している韓国人も多くいます。北京は中国の首都であり、都市機能は整備され、大都市として、快適な生活を送れるように感じます。安くて美味しい果物も簡単に食べれます。韓国では、果物は非常に高価なので、通常一個ずつの単位で購入されますが、中国では 500グラムの単位として販売されています。

一方日本人は、北京ではなく上海のことが最も気になっているようです。上海と日本はとても似ているような雰囲気があり、今や数万人以上の日本人が上海に定住しています。 上海での生活費も日本人にとっては受け入れやすいようです。

上海は美しい街で、生活費は比較的安く、野菜などの食材も豊富で、生活するには非常に適しています。日本人の第二の故郷とも呼ばれています。

ごく最近では、上海でより多くの日本人を見かけるようになりました。町を歩いているアジア人が中国人でなかったら、ほとんどの場合日本人に間違いないでしょう。

また、上海は観光地としてにも非常に魅力的で、色々な風景を満喫でき、最も有名なのはもちろん東方明珠です。

在中国一线城市里,上海居住着大量日本人,人数多达几十万

いかがですか?皆さんは上海に行ったことがありますか?

私はよく上海に行くのですが、確かに日本人がたくさんいると感じていました。

上海にも安くておいしい果物があるにもかかわらず韓国人が北京を選ぶ理由は、韓国人が中国の南側より北側のほうが好むからだと思います。韓国から北京まで飛行機だと一時間ぐらいですし、中国の北側に朝鮮族が多く住んでいることから、食べ物や生活習慣が韓国と近いのではないでしょうか。