中国の社会保険料

社会保険は、中国の基本的な社会保障制度であり、主に労働災害、出産、高齢、医療、失業の5つの区分に分けられます。

報道によると、その中で年金保険料率が一番高く、他の4つの社会保険料の合計は約12%で、他の国と比較すると平均的な水準です。関連する統計によると、中国の社会保険適用範囲は比較的広く、中国は国際的に見ても社会保険貢献率は高いレベルにあります。

基本的な老齢保険のみを見てみると、中国企業と社員負担の合計は給料の30%を占めており、アメリカの12.4%より高くなっています(中国の基準比率は米国の約2.4倍)。中国の年金保険は非常に完成されたシステムで、中国の基本的な老齢保険は国、企業、個人の3者から資金を調達する仕組みになっています。

現在、中国の都市労働者は、年金保険料として給料の8%を支払い、雇用主は社員給料の20%を年金保険料として支払うことで政府は基礎年金を確立しています。また、医療保険料率では、会社は約6%、社員は2%であり、雇用者の能力により柔軟にレートを決定します。失業保険料は、会社は2%、スタッフ1%です。農民労働者の労災保険単位率は0.5%〜2%の間となっています。妊娠保険率は総賃金の1%を超えないよう設定されています。

企業にとって利益最大化は主な目的であり、利益率は企業の活動状況の最も直接的かつ有効な指標となります。人的コストの重要な部分として、社会保険料の拠出は企業の利益率にも影響を及ぼします。保険料の負担が増加し、人的コストが増加し、企業の総所得が変わらなくなった場合、人的コストの変動により、対応する材料消費コスト、税金、VAT、手数料はかわらないので、企業は最終的に自社の利益率を引き下げることにしかなりません。業界の一部の人々は、こうした現実により中小企業の開発が大幅に制限されることを心配しています。これは、特に人材のコストが高いハイテク企業では明らかです。

日本の社会保険と比べると皆さんはどう思いますか?